電池が切れるまで

もう10年以上も前に、運動は20分以上続けると効果があがる
という理論が発表されました。
その理論は、血液中のブドウ糖と脂肪酸の濃度を測定すると、
運動当初はブドウ糖濃度が高く、20分ほど経過して、
血液中のブドウ糖が消費されると、脂肪の濃度が高くなって
くることから導き出されました。

ところが、この理論が日本中に普及した結果、運動不足に
なる人が増加しました。
理由は、20分も運動をしなければならないのなら、負担だと
感じる人が多かったからです。

この理論には、2つの説明不足がありました。
1つは、運動は10分でも20分でも良いのですが、20分以上、
続けると、わずかですが効率的があがると説明すべきだった
ことです。

もう1つは、ダイエット中のように、いつも血液中に脂肪が
溶け出している状態では、運動当初から脂肪の燃焼が期待
できることです。

先の実験では、血液中のブドウ糖濃度が20分ほどで少なくなり、
代わりに脂肪酸の濃度が増しましたが、これは、普通、血液中に
溶け込んでいるブドウ糖の量が20g位なので当然なのです。

ブドウ糖20gはジョギングで、筋肉がちょうど20分で消費する量です。
ところが、もしも、食後にジョギングをすれば、食後1時間位は
ブドウ糖が小腸から吸収され続けるので、いつまでたっても、
脂肪の燃焼が始まりません。そのようなグラフも残っています。

また、逆に、ダイエット中や空腹時のジョギングでは、最初から
血液中に脂肪が溶け出しているので、ジョギング開始と同時に
脂肪が燃え始めるのです。20分も待つ必要はないのです。

以前、知人がメイドカフェに行ったところ、入店してすぐ、メイドさんが知人の同行者を見て、「わぁぁぁ先輩!! どうしてこ、こんなところに!!」と叫んであわあわしたあげくに、皿を落とすというすんばらしーサービスがあったそうです。なあ、そのオプションいくら。
Twitter / ハゼ (via rpm99) (via joekidf) (via ritchantaiin) (via mcsgsym) (via quote-over100notes-jp) (via takeori) (via kirisaki) (via kuzira8) (via highspeedturbine) (via mokn12) (via toxinner) (via syonbori) (via syuu) (via k32ru) (via syura16) (via motovene) (via nashi-kyo) (via multi) (via mekarauroko) (via petapeta) (via nencallas) (via wideangle) (via matakimika) (via rngsnow) (via m0gyan)
mincang:

【32枚】着衣巨 乳の画像ください【三次】
mcsgsym:

これは絶妙すぎるッ! 素晴らしいタイミングでシャッターが押された2012年パーフェクト画像集 | ロケットニュース24
母上様、幼少期「レンコン穴があるから嫌い」と言ったところ、「穴だけ残して食べなさい」としつけて頂いてありがとうございます。

人を一番わくわくさせるのは、
誰かが何かにわくわくしている姿ですから
堂々とわくわくしてればいいんです。

大丈夫。

・ガンビー(粘土のキャラクター)のように柔軟であれ。尊敬に値しない馬鹿と思う相手でも学ぶところはある。部下を粗雑に扱うな。昇進は予測不可能、今日の部下が明日の上官になりうる。
・何事も志願なんてするもんじゃない。部隊の仲間だけを信用しろ。
・座っていい時に立つな。寝転んでいい時に座るな。歩かず移動できる時に歩くな。食事と睡眠ができる時はやれ。休暇を取るのに罪悪感を感じるな。
・底なしの忍耐。休日はもはや休日でない。幸せとは6時間以上の休憩があること。
・軍隊は民族と信念と宗教が異なる家族である。
・忍耐は美徳。走れ、そして待て。